手術の時期は?

眼内の水晶体が白く濁ってくる病気で、眼底まで光が通りにくくなり、目がかすむ、視界が暗い、光がまぶしく感じ、全体的にぼやけて見えづらくなるといった症状が現れます。進行すると視力が低下します。
原因の多くは加齢によるものですが、その他にアトピー体質、糖尿病や外傷、薬剤の副作用から白内障が引き起こされる場合もあります。

健康な眼
白内障の眼

水晶体の経年変化

若年

若年

中年

中年

老年

老年(核白内障)

濁り方のタイプ

皮質白内障

皮質白内障
視力低下よりも霞やまぶしさが主症状となるタイプです。進行すれば視力は低下してきます。

後のう下白内障

後のう下白内障
糖尿病やステロイド内服中の患者さんに発症することが多いタイプです。明るい場所で見にくい症状がつよくなり、濁りがわずかでも視力低下が進行します。

前のう下白内障

前のう下白内障
外傷後やアトピー、網膜色素変性症の方に多いタイプの白内障です。後のう下タイプと同じように初期より視力低下が進行します。

成熟白内障

成熟白内障
長期に放置すると水晶体の混濁と硬化が進行し、ほぼ失明状態になります。

ウオータークレフト

ウオータークレフト
混濁が軽いわりに見にくいタイプの白内障です。メガネの度数か遠視化したり、物が2重3重に見えたりします。

レトロドット

レトロドット
視力は良好でも、2重3重にだぶって見えるタイプの白内障で、メガネの度数が近視化してくることがあります。

白内障の症状

全体的にぼやけて見える。かすむ。
メガネをかけても見づらい。2重、3重にだぶる。
日中、外での光や、夜間、対向車のライトや信号がまぶしい。

白色がとんでしまう

正常
白内障

文字がぼやけて見える

正常
白内障

夜間の光(グレアハロー)

正常
白内障

手術の時期

生活に必要な視力は人によって違います。また、視力低下による不自由さを感じる度合いも人によって異なります。
「メガネをかけ替えても見えにくい」、「運転時にまぶしく日常生活に不自由を感じる」、「左右で度数の違う眼鏡をかけているので疲れる」と感じる方は、手術のタイミングだと考えます。

【手術前】

手術前

【手術後】

手術後