眼内レンズの選択

患者さまのお仕事、スポーツや趣味といった生活スタイルを事前にしっかりとうかがい、術後に眼鏡をかけないでどういった距離の物が見えるようになるのが理想かを一緒に考えていきます。
患者さま一人ひとりのQOL(クオリティ オブ ライフ:生活の質)向上に適した眼内レンズの種類と度数を選択していきます。

眼内レンズとは水晶体に代わる人工の水晶体です

*眼内レンズには健康保険のきく「単焦点眼内レンズ」と健康保険がきかない自由診療の「多焦点眼内レンズ」があります。

単焦点眼内レンズについて

保険診療で認められている単焦点眼内レンズは、遠くか近くの一方が見えるように作られています。

■ピントを遠くに合わせた場合
多焦点レンズの場合

眼内レンズの焦点を遠くに合わせた場合、遠くの風景は眼鏡を使わずに見えますが、手元をみる時は近用眼鏡(老眼鏡)が必要になります。
元来、手元を見るときに老眼鏡を使用されていた人にお勧めの眼内レンズ度数となります。

■ピントを近くに合わせた場合
多焦点レンズの場合

近くに眼内レンズの度数を合わせると手元の物は眼鏡をかけずに見えますが、遠くをみる時や、車の運転時には眼鏡が必要になります。
元来、裸眼で手元は見えていた人にお勧めの眼内レンズ度数となります。

プレミアムレンズについて

多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズ厚生労働省 先進医療適用
多焦点レンズの場合

このレンズを用いることにより日常生活の多くの場面において、眼鏡に頼ることがなくなります。遠方と近方の2カ所にピントが合いますが、全ての距離においてピントがはっきり合うわけではありません。
パソコンをご覧になる中間距離(50㎝〜1m)の見え方がやや落ちますので、その距離に合わせたメガネが必要になる場合があります。また暗所で長時間手元を見るときなどは、眼鏡が必要になることがあります。
この手術は保険診療外の自由診療となりますが、先進医療(※)の給付対象です。ご自身の生命保険や医療保険をご確認ください。
この2焦点眼内レンズは乱視矯正には対応しておりません。乱視矯正が必要な方には完全オーダーメイドの乱視矯正3焦点眼内レンズをお勧めしております。
※当院は、厚生労働省が認めた先進医療施設です。

多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズの診療費

≪自由診療の場合≫

手術当日のお支払い
・片眼手術:420,000円 (税抜)  3ヵ月以内の両眼手術:700,000円 (税抜)
・別途消費税がかかります。
・混合診療が可能なため、手術当日以外の診察料、検査料、薬剤料は保険診療となります。

≪先進医療特約をお持ちの方≫

手術当日のお支払い
・片眼手術:420,000円
・消費税はかかりません。
・後日、契約内容に沿った給付金が受け取れます。詳しくは保険会社にお問い合わせください。
・混合診療が可能なため、手術当日以外の診察料、検査料、薬剤料は保険診療となります。

先進医療施設とは

先進医療

先進医療とは、厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つで、有効性及び安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の施設基準を設定し、施設基準に該当する保険医療機関には保険診療との併用を認めることとしたものです。
当クリニックは、2008年(平成20年)より「多焦点眼内レンズ」を用いた白内障手術を実施しており、2014年6月に「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」において、厚生労働省より「先進医療施設」に認定されました。

多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズについてのよくある質問

ご覧になりたい項目をクリックして下さい。

両眼に多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズを使用すると、9割以上の方が普段の日常生活で概ね眼鏡をかける必要がなくなりますが、レンズの特性上、眼鏡が必要な場合もあります。
多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズの機能が十分に働くためには適応があります。目の状態やご職業、生活スタイルによってはこのレンズが不向きな場合があります。
多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズを使用した手術は保険診療対象外となりますが、先進医療の給付対象です。 ご自身の任意保険をご確認ください。
※当クリニックは厚生労働省認定の先進医療施設です。

多焦点眼内レンズを選択された患者様のお声

  • 60才代 女性 両眼手術を受けた方のコメント

    晴れの日でも遠方は少しかすんだ感じで、山の緑がうすく見えるが、手元はよく見える。明るいうちは遠くも近くも生活に問題はないが、夕暮れ時は見えにくいので運転しないようにしている。

    当院からコメント

    術後の視力は裸眼で右1.2、左1.5と申し分ない視力となっていた患者さんですが、遠方が少しかすんだり、山の緑がうすく見えるのは多焦点レンズ特有のコントラスト低下による症状です。
    このため、デザイナーや歯科医など、微妙な色を扱う職業の方には多焦点眼内レンズは不向きな場合があります。また、瞳孔径の影響を受けやすいレンズですので、暗所では光がにじんだように見える事があり、夜間の運転時には注意が必要です。

  • 60才代 女性 右眼手術を受けた方のコメント

    単焦点眼内レンズに比べて見え方の質が落ちると聞いていたが、思っていたより明るくハッキリ見える。手元は30㎝に合わせたので趣味のパッチワークも眼鏡なしでできるようになった。

    当院からコメント

    遠方と眼前30㎝に焦点の合う2焦点眼内レンズを用いました。
    眼前30㎝は、手芸や読書をよくなさる方に適した距離です。その方の趣味や生活スタイルに合わせた眼内レンズを提案しております。50㎝から1mの中間距離を重視したレンズも選択できます。

  • 50才代 女性 右眼手術を受けた方のコメント

    遠くも近くもクリアに見えて色のコントラストもよい。目をこすりたくなるような見え方を想像していたが、そんなことはなくハッキリ見える。 手元の距離は、30㎝か40㎝どちらに合わせるかで悩んだが、いつも見る距離(35〜40㎝)に合わせて良かった。料理の時もぼやけることもなく見えるし、眼鏡はほとんどいらなくなった。

    当院からコメント

    遠方と眼前40㎝に焦点の合う2焦点眼内レンズを用いました。
    手元をご覧になる距離が希望どおりになって良かったです。眼前40㎝は、料理の他に電子書籍をタブレットで読んだり、パソコンや楽譜を見るのに適した距離です。 長時間の読書(眼前30㎝)や裁縫の際には眼鏡を使用する方もいらっしゃいます。遠くと近くが見える事で日常生活のほとんどのシーンでメガネから解放されるのが2焦点レンズの一番の利点です。

患者様の声一覧
多焦点(遠・中・近 3焦点:トリフォーカル)眼内レンズ国内未認可

遠くと近くと中間距離の3ヶ所にピントが合うファインビジョンは、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売されたプレミアムレンズで、ヨーロッパではすでに15万例ほどの使用実績があるレンズです。
遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造にデザインされているため、遠・中・近が見えるレンズになっています。
また、ファインビジョンは乱視の矯正も可能で、日本で承認された多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズよりも眼鏡を必要とする場面はさらに少なくなります。夜に光が散乱して見えるハロー、グレアが少ないのもこのレンズの特徴の一つです。
自由診療で費用面の負担はありますが、手術後の快適さにおいては大きなメリットがある眼内レンズです。

※このレンズは完全オーダーメイドの特注で、詳しい検査の後で海外に発注をいたします。輸入までには1ヶ月程度の期間を要します。

多焦点(遠・中・近 3焦点)眼内レンズ FINE VISION(自由診療のみ)の診療費

※国内未承認のため先進医療の適用にはなっていません
 ・乱視なし 片眼手術:450,000円(税抜) 3ヶ月以内の両眼手術:800,000円(税抜)
 ・乱視あり 片眼手術:500,000円(税抜) 3ヶ月以内の両眼手術:900,000円(税抜)
 ・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヶ月)を含みます。

単焦点レンズと多焦点レンズのコントラストの違い
■単焦点レンズ
単焦点レンズ
■多焦点レンズ
多焦点レンズ