先進医療機器

当クリニックでは、日々進歩する検査機器・医療機器をいち早く導入し、
患者さまに高度で適切な医療環境を提供できるよう努めております。

検査機器

ベリオン ビジョンプランナー

従来よりも高い精度で白内障手術時の眼内レンズ選択を行うことができるVERION(ベリオン)ビジョンプランナーを導入いたしました。
「乱視矯正眼内レンズ」並びに「多焦点眼内レンズ」を使用する際に高い精度の手術が可能です。

乱視矯正眼内レンズを用いた白内障手術の様子を動画でご覧いただけます
角膜上に投影された乱視軸に眼内レンズの乱視軸を一致させる、より精度の高い手術が可能になりました。

超広角走査レーザー検眼鏡(オプトス)

糖尿病網膜症や網膜裂孔などの眼底疾患の発見や経過観察に有用です。
散瞳薬を使わずに眼底をくまなく検査できるシステムで、車で来院された患者さまにも散瞳せずに眼底検査を行うことができます。

三次元網膜光干渉断層計(OCT

黄斑変性症や緑内障の初期変化の検出、経過観察に大変有用なシステムです。
網膜や視神経の断層像を詳細に調べることができるので、白内障手術後の視機能回復の程度を予測することにも役立ちます。

波面収差解析装置(OPD-Scan

角膜の歪み(角膜乱視)、水晶体の歪み(水晶体乱視)など、眼内各部分の歪み(収差)を正確に測定し、その歪みがご自身の見え方にどのような影響を与えているかをシミュレーションすることができます。

乱視矯正眼内レンズによって角膜乱視が矯正されて、眼球全体の乱視が軽減されたことを示している。

光学式眼軸長測定装置(OA-2000)

角膜の表面から網膜までの眼内各部位の長さと厚みを測ります。正確な眼内レンズ度数の決定に必要な検査です。従来の超音波式に比べて格段に精度が向上しました。
また、学童期のお子様の眼の成長を調べるのにも有用です。

コントラスト・グレアテスター(CGT-2000)

白内障のタイプによっては、視力は良くてもコントラスト感度の低下により、すっきり見えなくなってきます。
近方・中間・遠方のコントラスト感度を測定できることで、より白内障の的確な診断が行えるようになりました。

スペキュラーマイクロスコープ(角膜内皮細胞検査)

角膜の透明性維持に重要な角膜内皮細胞の形や数を調べます。
角膜内皮細胞に問題がある場合には、白内障手術装置の設定や使用する薬剤を変更し、細胞に負担を加えないように注意しながら手術を行います。

オートレフケラト/トノメータ

眼底にとどく光の結像状態と、眼の硬さ(眼内圧)をひとつの装置で測定できます。
矯正視力検査、メガネ合わせ、白内障手術前後、緑内障の早期発見や経過観察に必要な検査です。 患者さんにとっても、なじみの深い検査機器です。

静的自動視野計(オクトパス300)

光に対する網膜の感度を測定します。緑内障や視神経疾患だけでなく、頭蓋内疾患による異常も検出することができます。
緑内障に関しては、診断された日より2年間で6回程度の検査をおすすめしています。

静的自動視野計 (AP-7000)

視神経や網膜の機能検査です。オクトパスより広範囲の視野異常を検知することができます。
また、視神経繊維束欠損など網膜光干渉断層計OCTで異常所見が認められた特定箇所の、網膜感度の低下を調べることができます。

眼底カメラ・蛍光眼底造影カメラ (VX-20)

視神経や黄斑部網膜など、眼底中央部の状態を記録し、
コンピューターの画像ファイリングシステムに残します。数年ぶりに来院された場合も、以前と比較検討ができるようにしています。

スペースセイビングチャート

省スペース(1m)視力測定機。

各種レーザー治療機器

YAGレーザー

白内障術後の後発白内障に対する後嚢切開術や、緑内障治療の虹彩切開術を行うレーザー治療機器です。

YAGレーザー後嚢切開術直後


アルゴンレーザー 網膜光凝固装置

糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症など、種々の眼底出血に対する治療に用います。
また、網膜剥離に至る前の網膜裂孔閉鎖や緑内障の虹彩切開術にも使用します。


SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)

緑内障点眼薬だけでは眼圧のコントロールが十分でない症例や継続した点眼が難しい場合には、この装置を用いてレーザー線維柱帯形成術を行うことがあります。
従来の機器に比べ一過性の眼圧上昇がほとんどなく、繰り返し治療することも可能です。


炭酸ガスレーザー

眼瞼下垂手術など、眼瞼の手術に際して用いるレーザーです。手術中の出血を抑える事ができ、手術時間の短縮につながります。


白内障手術装置

Bausch&Lomb社製 STELLARIS


Alcon社製 INFINITY OZIL