網膜レーザー治療

網膜レーザー治療が有効な疾患

・網膜剥離裂孔  ・糖尿病網膜症  ・網膜静脈閉塞症  ・中心性網膜症

眼底出血や網膜浮腫を軽減させたり、新生血管緑内障の発症を抑える目的でレーザー治療を行います。
また、網膜剥離に移行する前の網膜裂孔に対しても、レーザー網膜光凝固術が有効です。

■網膜剥離裂孔

■レーザー治療後


■糖尿病網膜症

■レーザー治療後

■網膜静脈分枝閉塞症

■レーザー治療後

網膜レーザー手術費用について

一般 70歳以上
3割負担 1割負担 2割負担 3割負担
片眼 32,000~50,000円 14,000円
(住民税非課税者 8,000円)
14,000円 32,000~50,000円
両眼 64,000~100,000円 28,000円 28,000円 64,000~100,000円
両眼(同月内) 64,000~100,000円 14,000円
(住民税非課税者 8,000円)
14,000円 57,600円

※上記の金額はおおよその目安になります。(H.29.8.1.より)

高額療養費制度があり、月内のお支払い額には上限があります。
また、各種制度の適用によって窓口でのお支払い額は変わります。

生命保険及び医療保険にご加入の方

生命保険または医療保険など各種任意保険にご加入の方は、網膜レーザー手術によって給付金が支払われることがあります。
実際の給付内容はご加入保険内容によって様々ですので、各保険会社にお問い合わせください。

お問い合わせいただく時の手術病名

もうまくひかりぎょうこじゅつ
網膜光凝固術
K276-1(通常のもの)
K276-2(その他特殊なのもの)