眼瞼下垂手術

眼瞼下垂(がんけんかすい)について

眼瞼下垂とは、『まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなった状態』をいいます。
眼瞼下垂の人は無意識に視界を確保しようとして、眉を吊り上げて眼を見開いたり、アゴをあげながら物を見るようになります。
額の筋肉を常に緊張させて物を見ることが、頭痛や肩こりの原因になっていることもあります。

他に重症筋無力症や動眼神経麻痺といった原因の場合、眼瞼下垂に加えて物が二つに見える(複視)症状や他の神経症状がでることもあります。

加齢性下垂

加齢によりまぶたの皮膚が弛んだり、まぶたを持ち上げる筋肉の作用が弱くなることで起こります。

ハードコンタクトレンズ下垂

ハードコンタクトレンズを長年使用している人に多く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることや瞼の裏側を慢性的に刺激することが原因とされています。

先天性下垂

生まれつきまぶたを挙げる筋肉の作用が弱いことが原因です。 先天眼瞼下垂において、眼瞼拳筋(上まぶたを挙げる作用をもつ筋肉)の形成不全が原因と考えらてています。

眼瞼下垂の程度

上まぶたの下縁が瞳孔の中心より下にかかっているなら強度の眼瞼下垂になります。前頭筋を使い眉毛を挙げて見ようとすることにより、見かけ上、下垂が軽減している場合もあるので専門の医師に判定をしてもらう方がよいでしょう。

手術例(男性)

手術前

まぶたの眼瞼挙筋の力が弱まり瞳孔に瞼がかかっている状態です。

ミューラー筋タッキング術後

術後はまぶたが自然に上がることにより視界が広がります。瞳孔から十分に光を取り入れることができ、おでこの緊張も解けて楽になります。

日帰り眼瞼下垂手術の流れ

手術日まで
  • ○ご家族と一緒に手術の説明をいたします。
  • ○手術前の眼周囲の写真をとります。
  • ○手術前日までに来院時間をご案内いたします。
手術当日
  • 1 担当スタッフが控え室に案内いたします。
    ガウン、キャップを着用していただき、靴はスリッパに履き替えていただきます。 控室にて点眼麻酔(目薬)をします。
  • 2 手術室にて洗眼をおこなった後、まぶたの手術部位に局所麻酔を行います。
    麻酔が効くまでに少し時間がかかります。
  • 3 皮膚を切開(炭酸ガスレーザー使用)して、瞼を挙げる筋肉を出します。
    下垂の程度にあわせ、筋肉を縫い縮め縫着し、瞼の上がり具合を確認・調整したあと、皮膚縫合で手術を終了します。
    ご本人にも鏡で瞼の開き具合を確認していただき、その記録写真をとります。まぶたにテーピングをします。当クリニックの術式はミューラー筋タッキング法で、手術にかかる時間は片眼20〜30分程です。
  • 4 控室にて、痛み止めを内服していただきます。
    スタッフが手術後の注意点と内服について説明をいたします。テーピングは翌朝受診時までつけたまま、上から冷却用アイス(当院で用意)で瞼を圧迫しながら冷やしてください。
    帰宅後も安心してお過ごしいただけるよう、ホットライン(緊急電話番号)をお知らせいたします。
手術翌日
  • 1 翌日は午前中に受診してください。術翌日の方は優先的に診察にご案内いたします。
  • ○瞼は皮膚が薄く血管が豊富なため、術後は腫れや、皮下出血による青あざができたりすることがあります。通常、腫れや内出血は2週間程で改善します。
  • ○瞼の冷却は手術日から4日間続けていただきます。
  • ○眼が完全に閉じなくなり、薄目が開く状態になることがあります。角膜の乾燥を防ぐために、寝る前に眼軟膏を使用していただきます。経過とともに治まってきます。
定期検査

1週間後に皮膚縫合の抜糸を行います。

眼瞼下垂手術(健康保険適用)費用について

一般 70歳以上
3割負担 1割負担 2割負担 3割負担
片眼 22,000円 8,000円 14,000円 22,000円
両眼 44,000円 16,000円 28,000円 44,000円
両眼(同月内) 44,000円 14,000円
(住民税非課税者 8,000円)
14,000円 44,000円

※上記の金額はおおよその目安になります。(H.29.8.1.より)

高額療養費制度があり、月内のお支払い額には上限があります。
また、各種制度の適用によって窓口でのお支払い額は変わります。

生命保険及び医療保険にご加入の方

生命保険または医療保険など各種任意保険にご加入の方は、眼瞼下垂症手術によって給付金が支払われることがあります。実際の給付内容はご加入保険内容によって様々ですので、各保険会社にお問い合わせください。

お問い合わせいただく時の手術病名

がんけんかすいしょう しゅじゅつ
眼瞼下垂症手術
(眼がんけんきょきんぜんてんほう)
K219-1

眼瞼下垂手術についてのよくあるご質問

ご覧になりたい項目をクリックして下さい。

麻酔はまぶたの手術部位に局所麻酔注射による浸潤麻酔でおこないます。麻酔時には痛みがあります。麻酔がきいてくるまでに時間がかかりますが、効いてくれば手術中に痛みを感じることはありません。
手術終了後にまぶたが上がった事を確認していただきます。翌日からしばらくは腫れや皮下出血のため、まぶたは上がりづらく感じます。まぶたが上がる状態に戻るまでには2週間ほど要します。
手術後は、まぶたの腫脹と皮下出血がありますので、1ヵ月ほど祭事や旅行をさけたスケジュールで手術予約をして下さい。
手術後3日間は瞼の冷却が必要です。まぶたの腫れや皮下出血をふせぐため大声で笑ったり、うつむいたりすることは避けて下さい。
美容形成手術ではありません。
健康保険で手術可能なのは上まぶたの下縁が瞳孔領中央部にかかってきた場合です。