眼内レンズの選択

現在1,171例以上の高機能レンズ(多焦点レンズ)を用いた手術実績があります。

(2020年05月31日現在)

当院は2008年より多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っています。
2014年には先進医療施設として認定を受け、それ以降、各種の多焦点眼内レンズを選択される方が増えています。

ライフスタイルで選ぶ眼内レンズ

眼内レンズ選びは、グッドライフスタイルへのスタートです。眼内レンズ選択により遠視や近視や乱視といった屈折異常を大幅に軽減する事ができます。
当院では、患者さまのお仕事、スポーツや趣味といった生活スタイルを事前にしっかりとうかがい、術後に眼鏡をかけないでどういった距離の物が見えるようになるのが理想かを一緒に考えていきます。
患者さま一人ひとりのQOL(クオリティ オブ ライフ:生活の質)向上に適した眼内レンズの種類と度数を提案していきます。

眼内レンズとは水晶体に代わる人工の水晶体です

眼内レンズは、以下の3つのカテゴリーの中から選択できます。

単焦点レンズ
術後の
メガネ使用
日常生活の中で必ずメガネの使用が必要になります。
保険診療レンズ
手術費用、検査、投薬及び眼内レンズ代も保険の対象となります。
(1~3割の自己負担があります)
手術当日の
支払額
14,000~41,000円
多焦点レンズ
術後の
メガネ使用
いくつかの種類があり、お選びになる眼内レンズによって、日常生活において様々な程度にメガネ使用の頻度を減らす事が出来ます。
夜間に運転をされる方にはグレア・ハローの少ない自由診療のレンズをお勧めいたします。
選定療養レンズ
お選びになる選定療養レンズ代金は自己負担となります。
手術費用、検査、投薬は保険でまかなわれます。
(1~3割の自己負担があります)
手術当日の
支払額
100,000~180,000円(税抜)

14,000~41,000円
自由診療レンズ
手術費用、3か月間の手術にまつわる検査、投薬代金、眼内レンズ代金のすべてが含まれています。
※併発している緑内障やドライアイに関する検査や投薬は保険診療になります。
手術当日の
支払額
300,000~500,000円(税抜)

● 各種眼内レンズの明視域

単焦点眼内レンズについて

保険診療で認められている単焦点眼内レンズは、遠くか近くの一方が見えるように作られています。

■ピントを遠くに合わせた場合
多焦点レンズの場合

眼内レンズの焦点を遠くに合わせた場合、遠くの風景は眼鏡を使わずに見えますが、手元をみる時は近用眼鏡(老眼鏡)が必要になります。
元来、手元を見るときに老眼鏡を使用されていた人にお勧めの眼内レンズ度数となります。

■ピントを近くに合わせた場合
多焦点レンズの場合

近くに眼内レンズの度数を合わせると手元の物は眼鏡をかけずに見えますが、遠くをみる時や、車の運転時には眼鏡が必要になります。
元来、裸眼で手元は見えていた人にお勧めの眼内レンズ度数となります。

● 費用について

一般 70歳以上
3割負担 1割負担 2割負担 3割負担
片眼 41,000円 14,000円
(住民税非課税者 8,000円)
18,000円 41,000円
両眼 82,000円 28,000円 36,000円 82,000円
両眼(同月内) 82,000円 18,000円
(住民税非課税者 8,000円)
18,000円 81,000円

※上記の金額はおおよその目安になります。(H.30.8.1.より)

選定療養レンズについて

当院で使用する選定療養レンズ

レンズ
名称 isii
アイシー
製造 HOYA
(日本)
構造 屈折型2焦点
自費レンズ費用
(片眼)
100.000円(税抜)
手術費用
(保険診療)
(片眼)
1割 14,000円~
3割 41,000円
日中の運転
パソコン
読書 △50㎝
夜間運転 △~〇
乱視矯正
レンズ
ハロー・
グレア
特性 ゴルフや運転など遠方重視タイプのレンズです。読書時、半数の方はメガネが必要です。術後、1ヶ月程度の適応期間が必要な場合があります。
レンズ
名称 ACTIVEFOCUS™
アクティブフォーカス
製造 Alcon
(アメリカ)
構造 2焦点回折
自費レンズ費用
(片眼)
170,000円(税抜)
[乱視矯正機能付:180,000円(税抜)]
手術費用
(保険診療)
(片眼)
1割 14,000円~
3割 41,000円
日中の運転
パソコン
読書 △50㎝
夜間運転
乱視矯正
レンズ
ハロー・
グレア
軽度
特性 ゴルフや運転など遠方の見え方を重視される方におすすめのレンズです。遠方・中間の二焦点で、読書など近方には眼鏡が必要です。

選定療養レンズを用いる場合の除外診断について

選定療養の枠組みで多焦点眼内レンズを用いる場合、除外基準が定められています。

■ 除外診断

・術後視機能に影響を与える角膜疾患、ドライアイ、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患、視神経疾患などの眼合併症を有するもの
・弱視
・Zinn小帯脆弱
・重度の小瞳孔
・白内障を有しない症例における、屈折矯正を目的としたrefractive lens exchangeは本療養の対象とならない
・その他、医師が非適応と判断したもの

これらの疾患にあてはまる場合は選定療養レンズを用いる事はできません。

isii
アイシー(2焦点眼内レンズ)の詳細
アイシー

常に遠方を活用できる遠方優位の設計で、遠方の見え方は単焦点眼内レンズと同等のコントラストです。
近方は裸眼で新聞(50㎝)が読めるようになる方もいらっしゃいますが、約半数の方は老眼鏡が必要になると言われており、長時間の読書には眼鏡が必須です。
2焦点ですが、中心から遠方、近方、遠方の3ゾーン構造で中間距離の不自由さを解消する仕組です。単純な構造のため見え方に慣れやすい多焦点レンズです。
薄暮から夜間にかけて、様々な程度に暗所でのハローグレアは生じますので、夜間運転を行う機会の多い方には注意が必要です。

● 選定療養レンズ ― アイシー ― の診療費(片眼)

白内障手術費用(保険診療)+自費多焦点レンズ費用
・手術費用:14,000円~41,000円(住民税非課税者 8,000円)
・レンズ費用:100,000円(税抜)
※乱視矯正機能付きレンズはありません。
手術当日の支払い例:1割負担の方は手術費用14,000円に加えて、自費レンズ代金100,000円(税抜)となります。

ACTIVE FOCUS
アクティブフォーカス(2焦点眼内レンズ)の詳細
アクティブフォーカス

レンズの中心領域は遠方に光を100%配分し、瞳孔径に応じて光を最適配分する構造により視力補正を行い、単焦点眼内レンズに匹敵する良好なコントラスト感度を得られる眼内レンズです。
これまでの多焦点眼内レンズは暗い場所や夜にライトを見ると、光の輪(ハロー)や眩しさ(スターバースト)を感じやすい側面がありましたが、アクティブフォーカスはグレア・ハロー現象をより少ないレベルに抑え、夜間にドライブする機会が多い方や、ゴルフやテニスなどのスポーツを楽しみたい方におすすめの眼内レンズです。

● 選定療養レンズ ― アクティブフォーカス ― の診療費(片眼)

白内障手術費用(保険診療)+自費多焦点レンズ費用
・手術費用:14,000円~41,000円(住民税非課税者 8,000円)
・乱視矯正機能なし レンズ費用:170,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり レンズ費用:180,000円(税抜)
手術当日の支払い例:1割負担の方は手術費用14,000円に加えて、自費レンズ代金170,000円(税抜)となります。

老視矯正眼内レンズについて

ヨーロッパではすでに実績のある高機能なレンズが国内でも選択できるようになってきました。
特に、老視矯正眼内レンズと呼ばれる新しい高機能レンズは、遠くから手元までの見え方が自然で、見える色彩も美しく、
従来の多焦点眼内レンズでは問題だったコントラスト低下や、グレア・ハローが改善されています。

老視矯正眼内レンズと単焦点レンズの見え方の比較

■老視矯正眼内レンズ
多焦点レンズの場合
■単焦点レンズ
単焦点レンズの場合

当院で使用する主な老視矯正眼内レンズ(他のレンズも取り扱っています)

当院で老視治療に用いている多焦点眼内レンズ

レンズ
名称 PanOptix
パンオプティクス
製造 Alcon
(アメリカ)
タイプ 3焦点レンズ
手術費用
(片眼)
400,000円(税抜)
[乱視矯正機能付:450,000円(税抜)]
日中の運転
パソコン
読書 40㎝
夜間運転
乱視矯正
レンズ
選択可
ハロー・
グレア
スターバーストは少ないですが、様々な程度に夜間のハロー・グレアを感じます。
特性 手元40㎝と、快適なコンピューター作業距離と言われている60㎝にピントが合うようにデザインされています。眼鏡をかける頻度が少なくなるレンズで、日常生活のほとんどのシーンで眼鏡なしで生活していただけるようになります。
レンズ
名称 MINIWELL・READY
ミニウェル・レディー
製造 SIFI Metech
(イタリア)
タイプ 焦点深度拡張レンズ
手術費用
(片眼)
450,000円(税抜)
[乱視矯正機能付:500,000円(税抜)]
日中の運転
パソコン
読書 35~65㎝
夜間運転
乱視矯正
レンズ
選択可
ハロー・
グレア
ハロー・グレアがほとんどなく、夜間運転をされる方には特におすすめのレンズです。
特性 優れた多焦点性を持ちながら、多くの多焦点レンズの欠点である夜間のハロー・グレアが最も少ないレンズです。夜間運転する方には特におすすめのレンズです。
レンズ
名称 AcrivaTrinova
アクリバトリノバ
製造 VST
(オランダ)
タイプ 3焦点レンズ
手術費用
(片眼)
500,000円(税抜)
[乱視矯正機能付:550,000円(税抜)]
日中の運転
パソコン
読書 40㎝
夜間運転
乱視矯正
レンズ
選択可
ハロー・
グレア
特許出願中の特殊なレンズ構造により夜間のハロー・グレアはごく軽度です。
特性 エネルギーロスが最も少ない新しいタイプの3焦点レンズです。良好な遠見視力、色ムラが少ない、夜間のハロー・グレアが少ないといった、すぐれた特徴があります。

● 各老視矯正眼内レンズ(シンフォニーとミニウェル・レディー)の機能の比較

■ 日中(瞳孔径:3㎜)での見え方比較
日中

遠方も近方も全般的にシンフォニーの方が優れていますが、40㎝より手元ではミニウェルの方が見え方が向上します。

■ 夜間(瞳孔径:4.5㎜)での見え方比較
夜間

ミニウェルは、暗所での手元の見え方はシンフォニーには及びませんが、遠方の見え方は大変優れています。このため、ミニウェルは、夜間に運転をする方にとてもおすすめのレンズです。

● 夜間の眼内レンズの見え方について

眼内レンズは暗いところで光っている物を見るのが苦手です。
光源の周囲に輪がかかって見えるハロー(光輪)という現象や、光が筋を引いて見えるスターバーストという現象が見える事があります。
症状の程度は人によって様々で、光源の種類(キセノン、ハロゲン等)や光源の色(白、赤)によっても感じ方が違います。
一般的に多焦点性を有するレンズほどこの症状が強くでますが、ミニウェルレディではこの症状がほとんどないのが特徴です。

■ ハロー・スターバースト
多焦点レンズ
■ 健常な見え方
単焦点レンズ
TECNIS Multifocal
テクニスマルチ(遠・近2焦点レンズ)の詳細
テク二スマルチ

このレンズを用いることにより日常生活の多くの場面において、眼鏡に頼ることがなくなります。
遠方と近方の2カ所にピントが合いますが、全ての距離においてピントがはっきり合うわけではありません。
近用に焦点の合う距離はレンズの種類によって、50㎝・42㎝・33㎝と決まっており選択できます。

それ以外の距離はメガネが必要になる場合があります。また暗所で長時間手元を見るときなどは、眼鏡が必要になることがあります。

※この2焦点眼内レンズは乱視矯正には対応しておりません。乱視矯正が必要な方には完全オーダーメイドの乱視矯正3焦点眼内レンズをお勧めしております。

多焦点(遠近2焦点)眼内レンズについてのよくある質問

ご覧になりたい項目をクリックして下さい。

両眼に多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズを使用すると、9割以上の方が普段の日常生活で概ね眼鏡をかける必要がなくなりますが、レンズの特性上、眼鏡が必要な場合もあります。
多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズの機能が十分に働くためには適応があります。目の状態やご職業、生活スタイルによってはこのレンズが不向きな場合があります。
多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズを使用した手術は保険診療対象外となりますが、選定療養の給付対象です。 ご自身の任意保険をご確認ください。
※当クリニックは厚生労働省認定の先進医療施設です。

● 多焦点(遠近2焦点)眼内レンズ ― テクニスマルチ ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:300,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヶ月)を含みます。

PanOptix
パンオプティクス(3焦点レンズ)の詳細
パンオプティクス

PanOptixパンオプティクス(アルコン社製)は、2019年国内承認された初めての3焦点レンズです。
ヨーロッパでは多数例が使用され評価の高いレンズです。現在認可されている選定療養対象レンズの中では、術後の眼鏡使用頻度が最も少ないレンズです。

ENLIGHTENテクノロジーの採用で、利用可能なすべての光の半分を遠方に、残り半分の光を近方と中間に等しく配分し、光を最適使用することで、遠方視力を犠牲にすることなく、40~80 cmの連続した明視域を持つレンズです。遠方のみならず、近方距離(40cm)から快適なコンピューター作業として推奨される中間距離(60cm)までが自然に見えるようにデザインされています。

様々な程度に暗所でのハローグレアは生じますので、夜間運転を行う機会の多い方には注意が必要です。

● 老視矯正眼内レンズ ― パンオプティクス ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:400,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり 手術費用:450,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヶ月)を含みます。

TECNIS Symfony
シンフォニー(焦点深度拡張レンズ)の詳細
シンフォニー

シンフォニーは、人間の自然な見え方に近づくように、遠方(運転・ゴルフ)から中間(パソコン)、近方(スマートフォン・読書)まで途切れることなく見えるようにデザインされている眼内レンズです。
現代社会で多用する中間距離の視力の落ち込みや、低照度条件下(夜間の運転など)でのコントラスト低下など、従来の多焦点眼内レンズに対しての不満がほとんどない眼内レンズです。

また、シンフォニーは多少の乱視を補正できる構造に設計されており、従来の多焦点眼内レンズに比べ乱視の影響を軽減することが期待できます。
独自のレンズテクノロジーで色ムラの少ないきれいな見え方も患者さんに喜ばれています。

生活のほとんどのシーンで眼鏡に頼らずに生活できるようになりますが、裁縫や食品表示などの小さな文字を手元でよりはっきりとご覧になりたい場合は、軽い度数の老眼鏡が必要になります。
また、夜間の運転ではグレア、ハロー軽減のために眼鏡装用をお勧めしています。

平成30年1月より、乱視矯正機能のついたシンフォニー(Symfony Toric)を選択できるようになりました。

ヨーロッパでは、すでに数万例を超える使用例があり、単焦点眼内レンズに代わり選択される事が予想される次世代の多焦点レンズで、当院でも多くの患者さんに好評をえています。

● 老視矯正眼内レンズ ― シンフォニー ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:300,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり 手術費用:350,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヶ月)を含みます。

MINIWELL・READY
ミニウェル・レディー(焦点深度拡張レンズ)の詳細
ミニウェル・レディー

ミニウェル・レディーはイタリアで開発された従来の回折型や屈折型と全く異なる、プログレッシブ型(Progressive IOL)と呼ばれる新しいタイプの多焦点眼内レンズです。球面収差を利用し、遠、中、近でスムーズな見え方を実現しています。

特徴としてはグレア、ハローが大変少なく、夜間運転をする事が多い方に特におすすめしています。
多焦点性をもたせることによる、コントラスト感度低下が少なく、自費で手術をされる方のほとんどがこのレンズを選択されます。

平成30年3月より、乱視矯正機能のついたミニウェル・レディー(MINIWELL・READY Toric)を選択できるようになりました。

この眼内レンズは完全オーダーメイドの特注で、詳しい検査の後でヨーロッパに発注をいたします。発注時に片眼50,000円の輸入代行費用が発生します。発注後のキャンセルはできません。また、輸入までには1ヶ月程度の期間を要します。

● 老視矯正眼内レンズ ― ミニウェル・レディー ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:450,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり 手術費用:500,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヶ月)を含みます。
・手術代金には輸入代行料(片眼につき50,000円)を含みます。

Acriva Trinova
アクリバトリノバ(3焦点レンズ)の詳細
アクリバトリノバ

Acriva Trinova(オランダ製) は2017年に発売され、ヨーロッパでは15万例以上の使用実績がある眼内レンズです。
3焦点の回折構造ですが、Seamless Vision Technology (SVT)を使って光学部表面を正弦波の峰のようにデザインすることで、光のエネルギーロスが最も少ないレンズです。

遠方、中間から近方(80~40㎝)まで光をスムーズに分配することが可能になり、距離による見え方の落ち込みが少なく、自然な見え方のレンズです。
日中はもちろん、夜間の見え方も安定しており、暗所でのハロー・グレアが少ないレンズです。また、色収差のコントロールにより鮮明な見え方が期待できます。

この眼内レンズは完全オーダーメイドの特注で、詳しい検査の後ヨーロッパに発注いたします。発注時に片眼50,000円の輸入代行費用が発生します。発注後のキャンセルはできません。また、輸入までには6週間程度の期間を要します。

● 老視矯正眼内レンズ ― アクリバトリノバ ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:500,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり 手術費用:550,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヵ月)を含みます。
・手術代金には輸入代行料(片眼につき50,000円)を含みます。

FINEVISION
ファインビジョン(遠・中・近3焦点レンズ)の詳細
ファインビジョン

遠くと近くと中間距離の3ヶ所にピントが合うファインビジョンは、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された老視矯正眼内レンズで、ヨーロッパではすでに15万例ほどの使用実績があるレンズです。

遠くと近く、遠くと中間距離の2種類のバイフォーカル(2重焦点)レンズを組み合わせた二重構造にデザインされているため、遠・中・近が見えるレンズになっています。

また、ファインビジョンは乱視の矯正も可能で、日本で承認された多焦点(遠近 2焦点)眼内レンズよりも眼鏡を必要とする場面はさらに少なくなります。
夜に光が散乱して見えるハロー、グレアが通常の多焦点レンズ(2焦点)に比べ少ないのもこのレンズの特徴の一つです。

自費診療で費用面の負担はありますが、手術後の快適さにおいては大きなメリットがある眼内レンズです。

※このレンズは完全オーダーメイドの特注で、詳しい検査の後で海外に発注をいたします。輸入までには1ヶ月程度の期間を要します。

● 老視矯正眼内レンズ ― ファインビジョン ― の診療費(片眼)

・乱視矯正機能なし 手術費用:450,000円(税抜)
・乱視矯正機能あり 手術費用:500,000円(税抜)
・多焦点眼内レンズ代金、手術費用、手術前後の診察・検査・薬代(3ヵ月)を含みます。
・手術代金には輸入代行料(片眼につき30,000円)を含みます。